ICL体験

ICL手術の実体験と感想~手術した感想とどんな不安があったのか

スポンサーリンク

ICL手術関連の記事は筆者が「ICL手術」を受けようかなと思ってから実際に手術を受けて
その後を赤裸々に公表する体験記事です

これからICL手術を受けようかと思う人に向けて参考になればいいなと思っています

この記事で公開している情報は筆者がICL手術を受けた2021年時点の情報です

最新の情報は実際に病院に相談することをおすすめします

この記事では

  • ICL手術の内容
  • 筆者の感想

これらを中心に紹介していきます

出し惜しみのない筆者の率直な気持ちをそのまま書き出していきます

少しでもリアルな声が届けられたらいいなと思っています

筆者は品川近視クリニック東京院でICL手術を受けていますので、

別の医院の手術とは異なる点があることはご理解の程よろしくお願いします

ICL手術の流れ

スポンサーリンク

適応検査終了後、レンズの発注

通常レンズであれば早ければ1週間

乱視用レンズは早くて1カ月が目安です

このタイミングで内金19万円を支払います

レンズが届いたら連絡が来るので手術日を決定

手術日3日前から抗菌薬を1日5回点眼します

手術日当日は

来院したら最後の検査と診察をおこない、問題なければ瞳孔を開く目薬と麻酔の目薬を点眼

最後に執刀医の先生からICLについての確認事項と説明を受けて手術

手術後は1時間、病院の中で安静に過ごして術後検診で異常がなければ帰宅

翌日、1週間、1カ月、6カ月、1年検診を受診

こんな流れになります

ICL手術前日までの過ごし方

スポンサーリンク

ICL手術は発注したレンズが医院に届いたら連絡が来るので

それから手術日を決めて来院します

筆者は通常レンズだったので翌週には電話連絡が来ました

手術前の注意事項としては

  • 手術3日前から目薬点眼
  • コンタクト使用が一定期間禁止
  • 当日は90分前から食事とコーヒーの禁止
  • 術後は視力が安定しないので車や自転車の来院は禁止

など細かく説明を受けますのでしっかり守りましょう

筆者は

レンズを発注した時から覚悟が決まったのでドキドキしなかったですが、

3日前の目薬点眼からいよいよかと、妙に毎日ドキドキしてました

ICL手術当日

スポンサーリンク

緊張して30分前に来院した筆者

待合室で待ってればいいやと受付を済ませ気楽に待つことに

予定より早く来たにも関わらず、そんなに時間が経たず名前が呼ばれる

網膜か何かの写真を取られた後、

瞳孔を開かせる目薬を点眼するように言われる

「ああ、また視界が眩しくなるやつか」と思いながら言われた通り

10分間隔で点眼をしながら待っていると受付に呼ばれる

このタイミングで内金19万円を除いた差額を支払います

筆者の場合は71万円

「クレジット一括でお願いします」

一度も割引券を見せていなかったので、このタイミングで割引券も提出しました

しばらくすると、

手術する人しか入れない部屋に連れていかれます

この辺りでドキドキし始める筆者

「いよいよか」

手術室前の待合室では

約10分間隔で看護師の方に点眼され続けます

幸運なことに美人な看護師の方で心が落ち着かず、

手術前でドキドキしているのか、

美人な看護師のせいでドキドキしているのか分からなくなりました

しばらくすると執刀医の先生による最後の診察と質問コーナーがあります

ICLについての確認と手術の説明もここで受けます

まあ、ここまで来るともう質問することもないんですけどね

要約するとICL手術の注意点はひとつだけ

目を絶対に動かさないことです

手術室へ入室

ドキドキしながら待っていると

ついに人生初の外科手術&手術室へ!

手術室が寒すぎるので、夏でもなんかは織物持って行った方がいいです

筆者は

寒さで震える体を必死に抑えてました

筆者はカタリスの手術なので、

手術室に入るとまずは目の写真を撮りました

目に丸い形の器具?を入れられ

その中に液体をドバドバ入れられる

赤い点をずっと見てるように言われるので、じっと見つめるのを両目やります

もしかしたら、この時もう切られてるのかな?

カタリスの説明書見るとトンネル作成までするって書いてあるんだよね

これが終わるといよいよレンズの挿入!!

ドキドキは最高潮です

手術椅子に座らされて顔に保護フィルム的なものを貼られる

この時の看護師さん少し荒かった

目の消毒と麻酔をするために液体という液体をこれでもかというくらい

ドバドバと掛けられるがこれがけっこう気持ちいい

ライトを見てくださいと促されるが

瞳孔が開いている+純粋に眩しいので慣れるまでほんと眩しい

眩しさに慣れるのかこれ?

と不安になりますが人間はきちんと慣れるようにできているので、安心してください

筆者はてっきり麻酔は点眼だけかと思っていたが、

どうやら目の中にも麻酔を打つようだ

個人的にはこれが一番怖かった

針みたいなのを刺すのが全部見えるのでほんと恐怖でしたが

痛みもチクッともせずホッと一安心

針で麻酔をしてからはほんとに5分くらいでレンズ挿入まで完了するので

あっという間に終わります

目を動かすのが難しいと感じるのはレンズ挿入のタイミングです

光が何度も屈折するので、目で追いそうになるのを必死で我慢して、

眼前にあるめちゃくちゃ眩しいライトをずっと見つめるのがコツです

覚悟してほしいのは手術後に顔に貼られた保護フィルム的なやつを剥がす時です

容赦なくバリバリ剥がされるのでめちゃくちゃ痛い

たぶん、私じゃなければ悲鳴上げる

ICL手術後

手術が無事に終われば

リラクゼーションスペースに通されます

この移動の間がレンズ挿入後、初視界になります

眼鏡をしなくても見える感動を一瞬味わいましょう!

「筆者は左目が術後で水の中みたいでしたが、右目は見えました」

筆者は心の声が漏れていたのか

くすくすと笑われていました(気がする)

極上のチェアに座らされて

1時間、安静にしていてくださいと言われる

水とビスコが置いてあったので、

絶食数時間の筆者にとってはご馳走でした

手術室がほんとに寒かったのでタオルをかぶりながら、しばし就寝

時間が来ると目の状態を確認され、

異常がなけれな今後の注意事項について説明されます

  • 目薬(3種類)の説明⇒5回/日の点眼
  • 運動とアルコール禁止
  • 入浴・洗顔について
  • 運転について

など向こう1週間までの説明を受けます

ここまで終われば帰宅します

瞳孔が開いていてスマホを見るのも少し辛く、電車の中でも保護用サングラスをするので視線を集めますが

直ぐに慣れます

帰宅したら目薬を何度か打つ必要があるため、直ぐには寝ないように注意しましょう

手術後、寝れないので筆者はアマプラでデジモンアドベンチャーを見ていました

18時ごろ帰宅して21時に寝るまで楽しみつつ、目薬を点眼しながら過ごしました

家族に手術後の自撮りを送ったら第一声が

「目腫れてるね」

でした

自分ではまったく気付かなかったので助かった、、、

じゃなくて!!

他にかける言葉なかったのかね笑

痛みが出る人のために痛み止めの薬も処方されます

筆者は特に痛みがなく、

寝る時に少し目が熱を持っているというか

ジンジンとする感じはありましたが、気になるほどではありませんでした

ICL手術を受けた感想

スポンサーリンク

正直にいって

手術が終わるまで不安は消えませんでした

  • 手術中麻酔の効きが弱くて痛かったらどうしよう
  • 術後レンズが合わなくて再手術になったらどうしよう
  • 感染症になったらどうしよう

などなど

手術して1週間近く経ってもこの不安は

色々と調べられる時代なので事前にかなり調べてくる人は多いそうです

しかし、

インターネットに載っている情報は基本的に体験談がほとんどです

何時間も自分で調べるより、

検査も兼ねて数時間使ってきちんとした先生に聞く方がよっぽど有意義な時間の使い方だと筆者は思います

皆さんも迷ったら

ぜひ適応検査に行ってみてください

交通費の関係などで気軽に訪問できない人もいると思いますが、

調べるのに使う自分の人件費を考えればお得です

ICL手術決意の記事

ICL手術の実体験と感想~ICLってなに?ICLの不安と何を調べて決意したのかICL手術を決意してから医院に足を運ぶまでに筆者が実際に行った行動とICLについての基礎知識を紹介しています。...

品川近視クリニックを選んだ記事

ICL手術の実体験と感想~品川近視クリニックの紹介とICLの適応検査について スポンサーリンク ICL手術関連の記事は筆者が「ICL手術」を受けようかなと思ってから実際に手術を受けてその後を赤裸々に公表する...