ICL体験

ICL手術の実体験と感想~ICLってなに?ICLの不安と何を調べて決意したのか

スポンサーリンク

ICL手術関連の記事は筆者が「ICL手術」を受けようかなと思ってから実際に手術を受けて
その後を赤裸々に公表する体験記事です

これからICL手術を受けようかと思う人に向けて参考になればいいなと思っています

この記事で公開している情報は筆者がICL手術を受けた2021年時点の情報です

最新の情報は実際に病院に相談することをおすすめします

この記事では

ICL手術を受けようかなと思ってから

手術を受けた「品川近視クリニック」に手術前の検査を受けるまでに

  • 何を調べて
  • どんな思いを抱いたか

これらを紹介します

恐らくICL手術を受けようと決めた人が
必ず通る道だと思いますが

私だけでなくみんな通過するんだなと安心する材料にしていただけたら嬉しいです

ちなみに

私はICL手術は受けようと決意してから手術が終わるまで

不安が消えることは一切ありませんでした

慎重な性格で臆病な性格の方はきっと筆者と同じ気持ちになります

ICLとは何?どんな手術なのか

スポンサーリンク

出典:品川近視クリニック

ICL(Implantable Contact Lens)とは

フェイキック後房型手術と呼ばれ

目の虹彩と水晶体の間にレンズを挿入する手術です

角膜を削るレーシックとは違い、

強度近視の方でも選択することができる視力矯正手術です

レンズはコラマーと呼ばれるコラーゲンを含む生体適合性の高い素材でできており

目に優しい素材でできています

レンズのメンテンナンスは不要かつ目に優しい素材を使っており、

半永久的に使用することが可能です

視力が大きく変化した場合にはレンズを取り出し度数の変更も可能なのも特徴です

出典:品川近視クリニック

ICLは

2005年に米国FDAに置いて医療機器として承認され、
2010年には日本の厚生労働省からも高度医療機器として承認されています

以外と10年近い歴史のある手術なんだと私は驚きました

手術も3mmしか切開を行わず、特殊な機器でレンズを挿入するため

両目同日手術が可能で手術時間も両目で約30分もかからない簡単な手術です

ICLの注意事項

ICL手術には注意事項があります

  • 外科手術である以上一定のリスクがある
  • 最低1カ月は激しい運動ができない
  • かなり目に神経を使うので疲れる
  • 目薬をたくさん使用する

などの他にも重要な注意事項があるので紹介します

レンズのサイズが合わない場合がある

現代医学では目の中を詳細にスキャンする技術はないため

手術する医院のデータや経験に基づいてレンズのサイズを選択してくれます

そのため、稀にレンズのサイズが合わないケースがあります

レンズが大きかった場合

水晶体から遠い位置に固定されてしまい

眼圧上昇や角膜内皮細胞が減少する可能性があります

レンズが小さかった場合

水晶体に近い場所に固定されてしまい

白内障を発症する確率が高まってしまいます

これらのケースの場合は
レンズの交換が手術後3年以内は無料でおこなえます

光輪視やハロー、グレアが残る

ICLレンズは白内障リスクの低減のためレンズに複数の孔が空いています

その影響で光源近くを見ると光の輪が見えます

その他、

暗い場所で明るいものが眩しく感じる症状も出ます

月のように光源の周りがボヤっと明るく見えるハロー

光源がギラギラと眩しく見えるグレア

などがあります

ICL手術を受けようと思ったきっかけ

スポンサーリンク

ICL手術を受けようと思うきっかけは

人によって様々だと思いますが恐らく

  • コンタクトに将来かけるお金と比べる
  • 災害など緊急事態時に裸眼の方が安心
  • 裸眼で過ごす快適さをもう一度取り戻したい
  • 眼鏡をかけるのが嫌

だいたいこの辺りかと思います

ちなみに筆者はずっと眼鏡で過ごしていましたが、

眼鏡をかけない世界を取り戻したいという動機としては普通のものでした

ICL手術を受けようと思い色々と調べた結果

スポンサーリンク

ICLは外科手術になるため

恐らく受けようと思った人は不安を抱く人がほとんどだと思います

筆者がICL手術を受けようと思ってから

まず行ったことは「ネットサーフィン」です

筆者の周辺にICL手術を受けた人がいなかったため、

ネットで情報を集めるしかありませんでした

筆者は

ICL手術を受けた感想や実体験レポート

ICLについての基礎知識は何度も調べました

時間にすると約1週間ほどです

事前に調べた結果ですが正直

手術への不安は絶対に消えません

むしろ、
失敗談を書いている人はかなりぼろくそに書いていたりするので

不安は増長すると思ってください

インターネットで見つかる失敗談

筆者が調べた限りですが、

インターネットで調べて出てくる失敗談は医師の医療ミスがほとんどです

感染症で最悪のケースになる情報はありませんでした

基本的に外科手術である以上、必ずリスクはあります

これは覚悟を決めるしかありません

リスク回避をするとなると私たちは

経験豊富で医療ミスをする確率が少ない医院を選択する以外ありません

この不安だけは手術が終わるまで決して消えません

筆者は手術が終わった後も

完全に視力が安定してレンズが馴染むまで不安が消えることはないです

色々とICLについて調べた結果

約一週間を使いICLについて調べた結果

何も不安は解消されませんでした

そこで

日本でICL手術最多症例数を受賞されていて、

サポート内容も充実

金額も良心的な

品川近視クリニックで色々と質問をしようと思い適応検査の申し込みをおこないました

適応検査の申し込みはこちら

スポンサーリンク

以上、ICL手術を決めてから医院に行くまでの記事を終わります

次に記事

ICL手術の実体験と感想~品川近視クリニックの紹介とICLの適応検査について スポンサーリンク ICL手術関連の記事は筆者が「ICL手術」を受けようかなと思ってから実際に手術を受けてその後を赤裸々に公表する...